昨日の顛末

昨日はブログを休んでしまった、どうしたかとご心配いただいた方も居られるかも、その方々には先ずお詫び申し上げます。身体の方は相変わらずで心配ありません。脳みその加減が相変わらずおかしく、久しぶりの快晴で、朝飯の後片付けを済ませ8時ちょい過ぎに2階に行ってパソコンを立ち上げようとした瞬間のことです。

先月山に行けなかったことと今月もこれから少し立て込んでいてヒョットすると行けないかもしれない。明日も午後から雨のようだし、これからどこかに出かけようと急に思い立ちました。とは言っても、東京ではどんな近間の山でも自宅から歩いていける山はありません。比較的近いのは西武線か東武線行ける所でしょうがすぐに思いつかず、結局今年未だ一度も行っていない高尾山に決めました。

高尾山であれば山頂に茶屋があるので食料の心配もいりません。天気予報は終日快晴と言っていますので、装備も最低で済ませ10:30には登山口に到着して標高589mの高尾山から標高670mの城山と言う山まで行ってJRでは高尾の一つ先の駅相模湖に降りました。天気は予報通りでしたが富士山を見晴らすことは出来ませんでした。代わりに秋を感じさせる涼風をたっぷり浴びて満足することが出来ました。

一応着替えのシャツは持っていきましたし、相模湖駅には更衣室まであったのですが、喉の乾きを癒すのが優先だったのと面倒臭さも加わり、汗びっしょりのまま中央線特別快速に乗って17時には池袋に帰ってまいりました。幸い時刻が早かったので列車も空いていて、他のお客さへの迷惑も少なかったかと思っています。池袋で夕食をを取り、帰宅したのが19時前。

この夏は光熱費節約のため1ヶ月以上温水シャワーを使うことがなかったのですが、流石に昨夜は温水のシャワーで石鹸をたっぷり使いました。そのあと来ていたものを全て洗濯機に放り込み一安心して少しテレビを観て9時前には寝てしまいました。その結果、今朝起きると釜の中に米が入っていません。慌てましたが、朝洗米してすぐに炊いたことはこれまでにも何回かありましたし、家内にもあったことです。兎に角無事ですのでご安心ください。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ