政党色と個人的意見

人は誰にでも個人的見解があり、似たような考えを持つ人間が集まって政党を結成する。即ち個人的考えを社会に反映させるための力を得るためである。徒党を組んで社会的力を得ることは趣味に合わないが当然の行為で、そのことについては誰からも批判されることは無い。しかし政党を構成する人間同士の考え方が完全に一致することはあり得ないだろう。従って日本のように議会における党議拘束なんてことが当たり前になっている国は少ない筈だ。

でもそれは仕方がないとして、アメリカの元大統領ジョージ・ブッシュ氏のお葬式に関する報道を観ていて感じるのが、彼の国における政党と個人の関係のありようである。ブッシュ氏は現役時代バリバリの共和党員レーガン大統領の副大統領を8年も務めたそうである。ところが、その後で大統領に就任するも1期4年で民主党のクリントン氏に敗れて1期しか務められなかった。後に息子のブッシュ氏が同じ共和党から大統領に就任したりしたが、一昨年の大統領選挙では民主党のヒラリークリントン氏を応援したとのこと。

息子のブッシュ氏がどちらを応援したか聞き漏らしたが、同じ政党人でもトランプ氏の政策は支持できなかったようだ。しかし当然ながら弔辞を読まないと報じられているトランプ現大統領も元大統領の死に対し敬意をもって様々な形で対応している。確かに民主党の元大統領クリントン氏やオバマ氏の方が夫人同伴でおより深い哀悼を捧げているようだ。国葬ではなかったようだが、報道を観る限り国を挙げそれに近い丁重な葬儀だったのではなかろうか。

先日は仙谷由人氏のお別れ会があった。一昨日妻の1周忌法要を終えたばかりなので余計感じるところがあるのだろうが、日本の政党人の葬式のありようを思うとどこか空々しい。沢山人を集めればいいと言うわけでもないだろうし、政治家の弔辞なんて聞いていると、どれも秘書が作文したようなものばかりだ。死して尚、党議拘束されているようで可哀そうに感じる次第である。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ