2017年6月13日火曜日

次の時代

このブログは参議院で共謀罪法案が審議されている最中に書いている。今日委員会での強行採決があり、政府の予定通り今週中に法案が上がるかは分からない。多分上がることになるのだろうが、国会が多数決原理で運営されている以上それはそれで仕方がないのだろう。問題はむしろその後が問題で、国民が安倍1強をどこまで許すかに掛かってくる。

野党の勢いが増して近い将来に与野党の逆転が起きるなら、トランプ氏のように、その時点で不都合な法案は変更すればいい。考えてみると民主主義とは手続きが面倒なものだ。現時点での「野党腰抜け、不甲斐ない」論に悪乗りたくない。戦後70年近く、現憲法の下で社会構造は大きく変化したものの、激変に伴う大きな社会的混乱を生ずることなく来たとも言える。それが安倍内閣になった途端に様子が一変したような感じだ。

先ず憲法解釈を変える、これに無言の抵抗を示されている天皇陛下の意向を無視して、国体の基本になっている象徴天皇制の将来について真剣な検討をすることなく棚上げ同然にしてしまう。天皇を無視して権力の横暴を極めた平氏や源氏の武士に連なる明治維新前の武将の如きか、それ以上の振る舞いに見えて仕方ない。政権に就いた昔の武将たちも、権力をフルに発揮して下々から見たら無法な行為は多々あったことだろう。

しかし彼等には「天下を治める」責任感があったことだけは間違いない。誰一人自分たちの仲間だけが良ければ民がどうなろうと構わない、なんて思った者は一人もいなかったのではないか。更に歴史に対する責任が感じられる。死んでしまえばそれで終わり、後は野となれ山となれ。と考えていた者も一人もいない筈。秀吉が臨終間際に側近に秀頼のことを「くれぐれも頼む」と言ったのは見苦しいと言う向きもあるが、普通の人間であれば死後の世界を思うのは当然だろう。

安倍内閣は幸いそう長く持たないとは思うが、いつも安倍総理について思うのは「次の世をどのように考えているのか?」である。これを言うと差別発言だといつも攻撃されるが敢えて言いたい。「彼の歴史に対する無責任さは、彼に子供がいないことに大きな原因がある。」

7 件のコメント:

はやみ さんのコメント...

私は安倍政権のグローバリズム的な政策が嫌いです。
おっしゃるように日本の伝統を大切にせず、むやみに移民を入れて日本文化を壊しています。
とは言え、野党はもっとひどい。
ほぼ売国奴です。
まっとうな人はいませんかねえ。
貴殿のおすすめを教えてください。

まさやん さんのコメント...

>現時点での「野党腰抜け、不甲斐ない」論に悪乗りたくない。
同感です。何もしなかったから平和が保てたのです。

まさやん さんのコメント...

与党当時の民主党が何もしなかったから平和が保てた、と訂正します。

さんのコメント...

はやみ さん
コメントをありがとうございます。
残念ですが不勉強で、移民政策に関する与野党の違いを理解できていません。
東京に限らないかもしれませんが、確かに外国の人が沢山働いていますね。
でも個人的にはあまり気になりません。
政治家の好き嫌いはありますが、与野党ともに両方います。
中途半端な答えで申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

さんのコメント...

まさやん さん
コメントをありがとうございます。
いつも愚案ご賛同いただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

匿名 さんのコメント...

始めましていつも読んでいますhiroと申します。
私も前から薄々感じていましたが、安倍総理に子供、孫が居ないために戦争が出来る国に持って行こうとしていると思えてなりません。孫の将来を考えたら今の政策は採れないと思います。しかし、自民党の中に孫がいる人が大勢いると思いますが誰一人反対意見を言う人が居ないのが不思議です。独裁政権になっているのでしょうか。
早くこんな政権を引きずり降ろさないととんでもない世の中になる気がします。

さんのコメント...

hiroさん
コメントありがとうございます。
安倍夫妻に子供がいないと言う個人的な問題について、このように公な場で発信することは批判されても仕方ないのですが、どうしてもそんなことまで考えたくなってしまいます。
自民党内の反乱がおきるといいのですが。
hiroさんも同じお考えのようで嬉しく思います。
今後ともよろしくお願いします。