春よ来い

今日は節分、明日からは暦の上では春ではないか。昨夜来の風も収まって気温も上がり小鳥のさえずりさえ賑やかに聞こえる。どんなに寒くても季節は巡る結構がある。しかし人間社会のお先を期待を以て見守る日本人は少ないかもしれぬ。ルンルン気分でいるのはアメリカ大統領専用機に搭乗できることを約束してもらった安倍総理くらいなものだろう。見返りに我が年金機構の大枚を投じて、アメリカで70万人の雇用を実現する約束までしている。言っている意味がよく分からないが、どっちにしろこちらとは関係ない話だ。

季節の移り変わりを楽しみたい週末なのに、何の因果か昨夜から自宅のマシンが全く起動しなくなってしまった。もうそろそろ買い替えの時期が来ているのかもしれぬが、先日初期化してやっと使えそうになったばかりと言うのに、全く腹が立つ。買い替えるにしても使用中のマシンから移動させなければならないデータもあるし。婆さんは「パソコンなんか何に使っているの?外に1台持ち出しているなら、それを持ち帰れば十分でしょう。」言われてみれば尤もなところもある。最近ブログは友人のオフィスで昼間書いているので自宅で書くことは滅多にない。自宅で使うのはネット碁が主かもしれぬ。

現在のところ友人のオフィスに来て、インターネット上にあるお助けマンサイトに3千数百円支払って、何とか回復をトライしている。これで明日あたり治ったとしても、やはり家の外にも1台なければ不自由な意味もある。ニュースを好きな時間に読めて、マスコミ報道より詳しく知ることのできる便利な道具でもあり、囲碁も楽しめる素晴らしい玩具でもある。しかしこのことは、パソコンに触ったことのない婆さんにどんなに説明しても分からないだろう。

何れにせよ、寒さはもう暫くの辛抱で年寄りにはありがたい春が来る。

コメント

このブログの人気の投稿

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

同じ文書からこの大きな違い