トランプ新アメリカ大統領

何故か土曜日はブログを休むことが多いが、暇なので書いてみる。昨夜は早く寝たので1時に目が覚めて、2時過ぎまでトランプ氏の就任演説を聞いてしまった。感想は「分かりやすい」の一言に尽きる。要するに「現在生活が苦しい人たちは自由貿易主義の被害者だ。生活苦から抜け出させるために保護主義だろうとなんだろうと国益最優先でいくよ。」

具体的に何をどうするか知らぬが、現在生活苦に喘ぐ国民にすれば心強いだろう。一見時代錯誤のように感じなくも無いし、日本の評論家の大半は経済政策としても間違っていると言っている。アメリカ国内でもトランプ氏の政策や性格に反対者が多いようで、就任時支持率は歴代大統領最低とのこと。日本のマスコミは、アメリカ社会が分断されたと嬉しげでもある。

思えば第1次オバマ氏の就任演説「YES WE CAN」は極めてインパクトがあったし、万人に呼び掛けた素晴らしい演説だったように記憶するが、さて、具体的に何をすると言ったかについては思い出せない。当然ながら趣旨としては<国民の平和と豊かさを築き、且つ世界平和の安定をリードしていく。>くらいのことは言っただろう。前任者に比べると如何にも頭のよさそうな印象を持ったものだった。

今日の報道では、オバマ氏の就任時支持率は、昨日のトランプ氏に比べて2倍近いものだったようだ。しかし、そのオバマ氏でさえ8年掛けて成しえたことを思うと、殆ど無きに等しいらしい。内容を知らないが、唯一鳴り物入りで成立をみたとされる<オバマ ケア>なんて政策すら、トランプ氏がぶち壊すとのことだから、これとて全国民が諸手を挙げて歓迎したものでもないらしい。如何なる国の如何なる政策でも、全国民が諸手を挙げて歓迎なんて代物はあり得ないだろう。

一見無教養の不動産屋のトランプ氏、そんなことあり得ないだろうと思うのだが。自身も取り巻きを見ても金持ちの集まりながら、貧乏人の味方を一番に掲げている。「景気をよくする」と言っているが、「金持ちが儲かれば、おこぼれが貧乏人に落ちてくる」なんて回りくどいことは言わず、端的に貧乏人救済をお題目にしているところは強かなものだ。

アメリカ経済なんかどうなろうと余り関係ないが、世界平和は問題だろう。オバマ氏は就任時に大きく出すぎて、結果的に何もできなかった、なんて酷評になってしまった。トランプ氏は商売人だそうだから、世界平和について声高な発言は無いようだ。逆に言えばそれが怖い。ISを徹底的にやっつけるくらいは仕方ないにしても、イスラエル寄りとか、アメリカ大使館をエルサレムに移転とか、何を考えているのか不気味でもある。

昨夜少し観たBS番組でアメリカ人ジャーナリストが日本の大学教授に質問していた。「北朝鮮の核の脅威に対する受け止めは日本とアメリカでは全く違います。北が核弾頭を搭載したミサイルを完成と認識すると、事前にこれを叩く可能性は大いにあります。その際、同盟国日本に対し事前に<これから攻撃するから>と通告が来たら日本はどうすればいいのでしょう?北の短距離ミサイルは既に対日韓には何台も実戦配備されているので、両国には一定の被害が生ずるのは間違いありません。」

日本の先生の返事は記憶にないが、頼むからトランプさん「分断された国民を一致させる方法は戦争に限る」なんて思わないでくれよな。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ