のんびりした

お昼に人形町まで行って友人を一人誘い、「よし梅」で牡蠣の入ったミックス雑炊を食べた。大きな土鍋の蓋を取ると湯気がワッと立ち昇る。茶碗に掬ってフーフー息を吹きかけながら食ったが、牡蠣の他には海老やら鶏に野菜と卵がたっぷり入って実に美味い。しかも1人前千円也で二人でも食いきれない程量もある。この質と量は江戸ならではのものと言えよう。

小春日和が続いた1週間だったが、冬が段々実感となりつつある。帰りは国会図書館で読書。帰宅してから先程まで年賀状の事を考えていた。来週は又忙しくなるのだが、今週は本当にのんびり出来た。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ