今日のトップニュースがこれか、うんざりだ

今日大騒ぎになっている相撲界の野球賭博の件はおかしな話だ。全否定する訳に行かないから「手を染めていた者が居たようだ」としている。先月どこかの週刊誌が大関の野球賭博関与を取り上げたので、黙殺する訳にもいかず警視庁とも相談の上ででお茶を濁したのでは。あまりに見え透いた形式には些かうんざりする。そもそもサッカー賭博は国がやっているので合法だが、野球賭博は民間がしている事だから違法と言う事に無理があるのでこのような事になるのだろう。

民間と書いたが、胴元は当然プロの博徒でいつの頃からか報道される時は必ず「暴力団」と表現される。彼等がしている事は当然非合法だからすっ堅気の市民や企業が胴元になっている筈も無いし、この仕事に絡んで税金が納付されている筈も無いだろう。急に思いついたみたいにお相撲さんの手慰みを暴きたてて大騒ぎをしているが、昔から衆知の事であった筈だ。勝負の世界に生きるプロのスポーツ選手が賭け事が好きであろう事は容易に想像がつく。ましてお相撲さんが巷の競輪競馬場やパチンコ屋に入り浸る訳にもいかないだろうし、マージャンも体には悪いだろう。

今日の報道を聞いていると、警視庁もそのくらいの事は分かっているのでなんとか穏便に蓋をしたいのだろう。当たり前だ。雑誌の記者にしても新聞や放送の記者達も自分たちがしている普段の博打を棚に上げてよく他人の事を言うものだ。
もう少しまともなネタは無いのだろうか。

今度騒ぎの発端となった「客の大関琴光喜が1億円を恐喝される」といった余りに行儀の悪い事件(週刊誌の広告を記憶して居るだけで詳細は分からない)については、直ぐに親方が真相究明に乗り出して、大関が掛け金を払わなかったのか、はたまた悪質な恐喝かを見極めて親としての対処をすべきだったのではなかろうか。それこそ相撲協会の周りにはその世界の名だたる親分が沢山居るのだろうから、警察なんかに頼らなくてもしかるべき措置をする事ができただろう。

朝青竜の事についても同じ思いがあるのだが、相撲界の親方と部屋の若い衆の関係が世間の風潮と同じで「親も親だけど子も子」で薄っぺらと言うか心が通っていないような気がしてならない。世の中矛盾だらけで嫌になるが、せめて親子の関係ぐらいは真ともであってほしいものだ。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ