初春祝い膳


今日は元日だが特に抱負はない。兎に角「健康で過ごしたい」が唯一の願いであるが、昨年夏風邪を引いて苦労したのに反省が足りず、どうもまた喉をやられてしまった。ある人から電気毛布使用について注意(乾燥しすぎるので健康的にお薦めできません。)を受けていたのだが、これが原因でないかと思っている。昨日未だ開いていた薬局に飛び込んで市販の喉の薬を買い込んで使ってみたが、余り効果は無さそうだ三日分しか入っていないので、来週早々にもまた医者に行くことになりそうだ。

昨日のテレビ・新聞は東京株式市場の30日大納会で日経平均が29年ぶりの高値になったことを張り煽ぎで報じている。世の中に株の売り買いをもって、生活の縁にしようなんて人は何人いるのだろうか?暮に何回かタクシーに乗ったが、どのドライバーの話でも今までになく景気が悪いらしい。素人目にも池袋界隈の人出はイマイチに思う。

新年早々不景気な話ばかりでは申し訳ないので、個人的に嬉し話を一つ。30日の月曜日いつものように要町の飯屋に昼飯に出向いた。今日で今年は終わりと聞いていたので年末の挨拶がてらだ。カツ丼を食って「それでは良いお年を」と言ったら、「明日池袋に昼飯に行かれるでしょうから、帰りに寄って下さい。うちは昼前から大掃除で店にいますし、お父さんが野菜の煮物をたくさん作ったのでお裾分けを用意しておきますから。」と有り難い仰せ。

池袋で飯を食い散髪の後で寄ってみると、これが本格的おせち料理。容れ物は丁度17インチのノートパソコンくらい。写真でははっきりしないかもしれぬが、野菜の煮物だけでなくて海産物は伊勢海老、鮭の昆布巻、ゆでダコの足、イカの塩辛、ゆずに盛られたイクラ、肉もローストビーフにポーク。きんとんと豆の煮物も家内のそれとは作風が少し違うが、何と言ってもプロの職人の作品。2人前を想定していたようで食べきれなかったが、こいつは春から縁起が良かった。

コメント

tak さんの投稿…
新年おめでとうございます。
人格が素晴らしいといいことがありますね。
senkawa爺 さんの投稿…
takさん
早々にコメントをありがとうございます。
ブログなんぞで暇をつぶしながら、年賀状さえ欠礼している世間知らずですので、とてもお褒めに与るわけには参りません。
兎も角、今年もよろしくお願いします。

このブログの人気の投稿

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

同じ文書からこの大きな違い