日本外交

国内には何から取り上げたら善いか迷うほど様々な問題が山積しているが、総理自身が得意と思っていると伝えられる外交で、これほど無残惨めなことはないと思ったことを書いておきたい。その「まえがき」である。外交は国と国との折衝、お付き合いだから、その顔となるべき人間はそうむやみに代わったのではまともなことが出来る筈がないと思う。総理自身が長期安定だから良いとしているのかも知らぬが、日本は外務大臣を余りにも頻繁に交代させすぎるのではないか。

如何に大陸とかけ離れた島国とは言え、他国とまともに付き合いたいなら、もっと腰を据えた担当を据える事が必要だ。外相ポストが軽いのは現在の野党政権時代も同様だが、安定政権を自認するなら、せめて1内閣1外務大臣であってほしい。現在の外務大臣は未だ就任数ヶ月、安倍内閣では岸田氏・河野氏に続く3人めである。昔ソ連の外務大臣グロムイコ氏がアメリカの大統領(ケネディの時代だったかな)に向かって「私はあなたが小学生の頃から外務大臣をしています。」と語ったとされる逸話を思い出す。

本論に戻す。昨日北京で行われた日中と韓中首脳会談の報道である。日中会談は約40分、この中で安倍総理が力説したのは、したかったのは「日中関係の重要な節目となる来年春の習主席の国賓訪日を極めて重視している。」だけだろう。国賓待遇をするから是非お出かけください、は悪いことではないが、中国側は日本の政権内部にも国賓待遇に反対する意見が強いことは百も承知のはず。腹の中では「その春先までしっかり党内も含め、世論をリードして政権が持つよう努力しろよ。」と思っているに違いない。

日本から中国の人権問題に注文をつけたとか北朝鮮による拉致被害者救出に協力を要請したなんてなんてことは、マスコミのリップサービスじゃないかと疑っているが、文書が残っているはずだから言うだけは言ったかもしれぬ。引き換えて韓中会談については報道が少ないので、内容をネットで確認するにも手間がかかる。短いテレビ報道だけからも中国側首脳陣の表情の違いが明確で、日本で崩壊間近のように報道されている文在寅大統領を暖かく迎え入れている様子だ。

こっちの主要テーマは北朝鮮問題に他ならぬ筈。米朝会談を実現するために互いにできることを具体的に話し合ったことだろう。会談時間は分からないが、日中と同じであったとしても中身の濃さに大きな違いがあったのではないか?中国の新聞は文在寅大統領が香港問題やウイグル自治区問題を中国の国内問題と言及したことを大きく報道しているようだ。

コメント

呑兵衛あな さんの投稿…
昔、外務大臣がロシアと会談した後で共同記者会見を行った席上で、誇らしげに自分の手柄を述べたところ、ロシアの外務大臣から「そんな事を話し合っていない」と言われ、黙ってしまった事がテレビ放映されました。
今回の両国会議の内容としてNHKはじめ政権の制御が行われているとしか思えないマスコミの報道では、安倍が頑張った話しか伝わりませんが、韓国の韓国向け報道も聞きたいものです。
NHKの岩田記者は安部草履の子飼いとのことですが、誠に安倍晋三の心を読んでいますね
senkawa爺 さんの投稿…
呑兵衛あな さん
いつもありがとうございます。
NHKの政権べったりは本当にひどすぎます。
25日も同じ内容になりますが、書いてしまいました。

このブログの人気の投稿

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

同じ文書からこの大きな違い