国会議論のテーマ

自分で視聴してはいないが、昨日と今日の参議院予算委員会、噂に聞く限り殆どの質疑が台風被害とその対応に費やされたとのこと。台風被害が甚大であったのは言うまでもないが、国会審議の大半が目先のことに終始して良いものだろうか?首相の施政方針を踏まえ内外には質すべき問題が山積している筈である。

遅くなったので多弁は弄しないが、政治家諸氏には国家の将来を睨んで勉強してほしいものだ。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ