年寄りには無縁ながら

ニュースの見出しだけは何のことやらさっぱり分からなかった「7ペイ問題」。コンビニ「セブンイレブン」が発行したカードに関する詐欺被害のようだ。このカードなるものも実はよく分からない。あまり利用はしないが小生が持っているカードは、一定の額までは預金口座から自動的に引き落とされる仕組みの代物である。コンビニのカードも同じかもしれぬし、或いはプリペイド方式かもしれぬ。どちらにせよ老い先短い身には関係ないかもしれぬ。

しかしこれからの世の中、日本も中国のように老いも若きも現金を持ち歩かず、どんなに少額でもスマホで決済なんて日が来るやもしれぬ。IT後進国で幸いだ。高齢者の自動車事故が多発しているようだが、久しく自動車の運転席に座ったことが無いので分からないが、運転が相当簡略化されているようだ。ドライバーはキーを差し込んでハンドルを握り、シフトレバーを然るべき位置に動かすだけで、後はペダルを踏みこむだけ。

日本の場合、免許資格取得には60年以上前と同じような小難しい教試験があるようだ。ところが免許取得後の運転が楽過ぎるので教習所のこと等すっかり忘れてしまうのも当たり前。運転免許が必要ではあろうが、実際の運転事情をに即した方法を考える必要があろう。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ