もの忘れ

5月も2週目に入ったのに寒々とした天気だ。予報が言っていた雨が未だに落ちて来ないだけ善しとしなければならないかだ。町を歩いている時にポケットの携帯が鳴る。その度立ち止まらないといけない。周辺の人々がスマホなり携帯を見ながら歩いているのを見て、羨ましくて仕方がない。今日も僅か小1時間に3度も鳴ったが皆迷惑電話の類。どうして俺はこんなに不器用なのか?嘆くと同時に腹が立ってくる。

歩きながらの買い食いも腹は立たぬが、街を汚さぬように願いたいことと、不思議に若い女性が多いのは何故かと疑問が湧いてくる。現代の女性はどうしてそんなに忙しいのだろう?今日声を出したのは昼飯屋での注文と勘定の催促だけだ。記憶にある日本語が段々少なくなる。インターネットの世界は、文章が段々短くなる傾向だそうだ。尤もかもしれぬ。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ