この10年

顧みるとこのブログを始めて10年の月日が経ってしまった。あまりに速い歳月の流れだ。当時書いた内容はすっかり忘れていたので、第1回目を開いてみた。次のように書かれている。

『今月からブログ始めようと志を立てたがなかなかうまく運ばない。長年の経験で何事も最初は様々な障害にぶつかるものと知ってはいるが結構疲れる。
今回は幸いな事にインストラクタがそばに居てくれるので、うまくテイクオフできる事を期待している。

学生時代から4月1日はある意味で新たな1年の始まりだ。今日は春のスタートにおよそふさわしくない寒い1日で、桜もほぼ満開にちかいのだがちっともぱっとしない。部屋には暖房を入れている。余り結構な1年にはならないのかな。

昨年から自分の仕事とは無縁と言えない広告業界に関しては相当に厳しいようだ。月曜日に昔の会社で一緒だった少し若い人から教えてもらった。吹けば飛ぶような個人企業だが気を引き締めないといつ店じまいと言う事ならないとも限らない。

とぼやいて見ても仕方がない。兎に角又新しい1年を頑張って行こう。頑張ると言っても歳でもあるし、何をどうするのかは分からない。明日以降も今までと同じように同じようにやるだけだろう。何と言っても取りあえずは健康維持だな。

「無理をせず、しかし怠けずに」「高望みをしない、身の丈に合うことを考える、急ぐ人には道を譲る」』2009年4月1日

心配した通り、個人企業は店じまいして既に数年経っている。スタッフはおろか女房まで亡くした完全な独居老人となってしまった。それでもブログは続けているから不思議なものだ。

今日は79歳の誕生日、これまでのブログでは誕生日についての感慨はあまり書いてこなかったようだ。しかし昨夜から今朝にかけて複数の友人がお祝いの電話をくれたり、娘と孫がお祝いに来てくれたり、ブログの縁で交際が始まった友人が昼酒に誘ってくれた。どれも素直に嬉しいことばかりである。

コメント

信州爺 さんのコメント…
senkawa 爺 様

 あまりめでたい気にはなれないでしょうが、誕生日おめでとうございます。
また、10年の間たゆまずブログを継続されてきたことにまずもって敬意を表します。
 これからも元気づけてくださるようお願いします。
senkawa爺 さんの投稿…
信州爺 さん
 いつもながらのコメントを有難うございます。
長いような短いような何とも言い難い感じの10年です。
段々ネタ不足を感じていますが、出来るだけ続けようと思っております。

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ