暫し勝手します

未だ昼飯から帰宅したばかりだが今日は朝から何かと落ち着けない。午前中に出歩くことは少ないのだが、今日は朝から床屋に行ったり百円ショップで買い物したりいつも大分違う生活パターンである。このブログも大分中途半端な時刻に書いているのは訳がある。昨年末少し触れたと思うが、明日から待望のヒマラヤ山麓トレッキングに出発するからである。

勿論ネパールなんて国は初めてだし、海外旅行も何年振りか思い出せないくらいだ。旅券申請に赴いたら前のものは2007年3月7日で期限が切れていたから最低12年以上日本から出ていないことになる。妻は足が地に着かない乗り物には絶対乗らないと遂に生涯飛行機に乗らずあの世に行ってしまったが、小生も臆病で飛行機は出来れば乗りたくない。北の若旦那も同じかもしれぬ。

しかしその恐怖に、自分の目でヒマラヤの山脈を拝める魅力が勝ったと言うことだ。八ヶ岳の山麓に住む友人の娘さんがヒマラヤに行ってきて親父に言ったそうだ。「八ヶ岳てあの奥にもっと高いところが無いの?」3千メートル級の山脈とその倍以上の山脈ではそんなに迫力が違うものか、と些か疑ったりしているが、ま、百聞は一見に如かずとも言うから確かめてこようと思っている。

一行は地元のガイド兼通訳一人(グルカ族とのこと)を入れて15人、隊長は高校の同期生の元長野県山岳協会の会長、全員現住所は異なっても長野県人で救命医療専門のお医者さんが参加している。隊長と小生の78歳より1歳年上の方が1名、この方はヒマラヤトレッキングは何度も経験されたらしい。最年少は女性で未だ40代の料理研究家、長野のマスコミにはよく登場されているらしい。どんな景色や人との出会いになるか大いに楽しみにしている。

出発は明後日の朝6時半だが、明日の夕方成田空港のホテルで全員落ち合うことになっている。帰宅は来月10日の予定、しかしすぐ志賀高原にスキーに行く予定があり、明日から約2週間ブログを休みます。乞うご了承。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ