初仕事

年が改まった。妻が逝ってから既にまる1年以上過ぎたので喪中ではないかもしれぬが、未だ喪中のような気分で「おめでとう」の言葉は使う気にならない。
今日は妻の代わりに義母への敬意を表するため横浜に行ってきた。義母と義弟がは喜んでくれて、お屠蘇から始まり雑煮まで一通りの正月料理をご馳走になって帰宅したばかり。お酒は冷酒をほんの1合だけだが、それでも乗り換え駅の「菊名」を乗り過ごし横浜まで行って、湘南新宿ラインの快速で池袋まで戻った。

結果4:15に帰宅できたので「菊名」で副都心線に乗り換えるのと大した差が無いようだ。義務感があったのでこれが初仕事と言えなくも無いが、それは失礼かもしれぬ。義理掛け以上に切実な食事問題(元日は百貨店もスーパーも休業なので本当に悩ましい)解決のため、こちらから願い出たのが本音だ。本当の初仕事は家の4か所に掛かっているカレンダーの架け替えと風呂の掃除くらい。

何れにしても、首都圏在住の人には暖かで穏やかな良い正月だったと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ