秋の夜長

つい数日前まで暑さに辟易していたが、今日は寒いくらいだ。この週末にまた台風が来て連休中は暑くなるようだが、流石にそれで暑さも終わるだろう。日本の四季は良くしたものだ。今週は冬支度と決めて先ずインフルエンザの予防接種、続いて暖房について考えた。夏前にリフォームしたので、暖房は考えずに何でもかんでも処分してしまった。即ち畳と炬燵と石油ストーブである。家じゅう風通しが良くなって椅子の生活は腰には良いだろうが、今からこれ以上寒くなることを予想しておかないと風邪でも引きかねない。

インフルエンザを予防できても風邪を引いて動けなくなったら、飯を食うのが大変で一巻の終わりだ。リフォーム中に避難したアパートで使っていたガス温風機を使えるようにしなければならない。そんなことで昨日東京ガスに電話すると、すぐに見に来てくれた。前述の温風機はガス栓が無いのですぐには使えないが、ガス管がフローリングに張り替えた部屋の近くに来ているので、比較的簡単な工事で済むだろうとのこと。来週9日に設計担当が来て見たうえで見積もりを出してくれるとのこと。一安心した。

独居で時間を持て余すかと思っていたが、なんだかんだ言いながら結構足早に時は流れていく。秋の夜長になっているが読書でもするのがいいのかもしれぬが、読みたくなるような本が見つからない。これは新聞を読まなくなったせいだと思う。良いような悪いようなだ。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ