温もりを期待して

終日秋晴れの良い一日だったが暮れるのが早い。気が付いたら4時を回っている。冬に備えてガス温風器が使えるようにガス工事を依頼してあった。午後来てくれることになっていたが、来てくれたのが2時半過ぎ。結局一日がその立ち合いで終わってしまったようなものだ。秋の大掃除をして炬燵を出したりする手間が無いのだから文句を言う訳にもいかない。

外国は何やら騒然としているが、日本は蚊帳の外。お陰でのんびりした日が続きそうだ。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ