山の便り

もう大分昔のことになってしまったが、南アルプスを6日間縦走した時に案内役を買って出てくれた元自衛隊レンジャーの方が今朝突然電話をくれて家内のお悔やみを頂いた。非常に懐かしく思っていたところに今メールを開けると下に張り付けた写真が添付されている。南アルプスで知り合った当時は100名山を3年間で踏破する2年目だったが、現在は200名山も既に踏破して300名山の踏破中とのこと。

下の画像は「300名山オプタテシケ山頂から見た100名山トムラウシ奥の山」とキャプションがついている。北海道の山は勿論行ったことは無いが、せめて信州の飯綱山ぐらいは年内にもう一度登りたいと毎日セコセコ歩いていたものだ。しかしこの暑さのためここ数日はそれすら嫌になってやめてしまっている。何れにしても今や一日の山歩きは、1日標高差にして700~800mが良いところになってしまった。現実は厳しい。
 

コメント

このブログの人気の投稿

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

同じ文書からこの大きな違い