別世界人

数日前になるが、佐川氏の証人喚問終了を受けて、元外務省主任分析官の作家「佐藤優氏」のラジオ放送の内容が興味深かった。もちろん佐川氏証言についてはケチョンケチョンであるが、それはさて置き内閣支持率低下とテレビワイドショーとの関連を述べた件である。これまで連日森友事件を取り上げて視聴率を稼いできた民放テレビ局だが、これからこの事件から遠ざかるかもしれぬ。何故か、支持率がここまで下がると、視聴者が安倍総理や総理夫人の顔も観たくないとしてチャンネルから離れてしまう可能性がある。

似たような傾向が森喜朗政権末期にもみられたらしい。こちらもまだ現役でテレビ業界の水を飲んでいたはずだが気付かなかった。外交の分析が専門であっても面白い見方だと感心したものだ。たまたまかもしれぬが、その後電撃的中朝首脳会談が持ち上がったので、確かにテレビワイドショーでは森友事件は下火になりつつある。

同時に佐藤氏が述べていたことでもう1点、トランプが我が国の総理と会談して言うことはもう決まった。「晋三、白紙小切手を金正恩に渡せ。」とのこと。この数日成り行きを見ていると、これも相当説得力を持ってきた。結論として、今の日本をコントロールしている総理官邸は日本国民を全く見ていないで独自の理論をもって動いている。アメリカの大統領と100%意見同じくするのも、佐川証言で森友事件に政治家の関与が皆無だったと胸を撫で下ろすのも同じ論理によっているとのこと。

別世界と言う言葉もあるが、彼らは普通の人間の顔をして同じ言語を駆使しているように見える。しかし、その言語の意味するところと思考回路は全く別世界人と思わなくていけないようだ。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ