ゴールデンウィークの始まり

サラリーマン諸氏が楽しみにしていたゴールデンウィークが始まった。昼間大した用も無いのに地下鉄に乗ったりしてみると、家族連れで溢れている。総じてお父さんが一番お疲れの様子で、何だか可哀そうだ。会社にいた方が気楽なんじゃないかと余計な心配をしたくなった。

ところで今朝6時頃だったろうか、北朝鮮が弾道ミサイルを発射とニュース速報が流れた。関連して昼過ぎの報道では「北朝鮮がミサイルを発射したとの情報を受け(「Jアラート」の送信は無かった)、北陸新幹線や東京メトロ全線など一部の鉄道は29日早朝、安全確認のために約10分間、運転を見合わせた。」と発表されている。運転停止はいずれも6時過ぎ。5時半に発射されたミサイルは7分あれば日本に到達してしまうとあれば、この行動にいかなる意味があったのだろう?

8時半すぎてから官房長官が記者会見を開いた。いつものことだが、情報の入手先は韓国の聯合ニュースと仰る。関係国と情報交換しながら情報を分析中とのことだ。なんで自衛隊からの通報が無いのか?北朝鮮に自衛隊の察知能力、情報収集能力を知らせないために、わざと発表をしないとの説もある。発表にあたっている官房長官が落ち着いているのは、国民を動揺させないための親心かな。

でもね、「政府としては万全の対策を講じているので、国民の皆さんは落ち着いて政府の発表に注意してください。」なんて言われてもなぁ。車内の家族連れの表情からすれば、誰も北朝鮮とアメリカの喧嘩なんか気にしていないようだ。我々庶民が外国人同士の喧嘩を気にしても始まらないから、それが正解に違いない。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ