少し変だよ

森友学園事件で塚本幼稚園の偏向教育がこれだけ世間から批判されているにも拘らず、昨日次の報道があった。『政府は3月31日、教育勅語について「憲法や教育基本法に反しない形で教材として用いることまでは否定されない」とする答弁書を閣議決定した。』最初エイプリルフールの冗談かと思ったが、そうではなく真面目な報道らしい。併せて、中学武道に「銃剣道」が追加、なんて報道もある。

こういったことは学習指導要領の改訂で、特に国会での審議は必要ないらしい。教育現場で学習指導要領がどんな意味を持つか知らぬし、これで我が国の義務教育が現政権が期待するほど右傾化するとも思えぬが、先生方が混乱して迷惑をこうむることだけは間違いなかろう。他にも、「聖徳太子がいなくなったと思ったら、やっぱりいました。鎖国は無かったとしましたが、江戸時代は鎖国でした。」なんてこともある。

大阪の実験校「森友学園」の実験は開校を待たずにポシャったことに何一つの反省もないのか?文部省の教育方針に明治憲法の精神を少しでも注入していきたい。安倍内閣の諦めない精神は、稀勢の里や羽生結弦選手と同じにしても褒められたものではないだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

同じ文書からこの大きな違い