蝙蝠男(私自身のことであります)

休日にブログを書くのは止そうと思ったりするのだが、孫先享氏のメルマガが面白いので丸写しさせてもらう。以下引用

<安倍晋三首相は11月17日夕訪問先の米ニューヨークで、トランプ次期大統領と会談した。安倍首相は会談後、記者団に対し「胸襟を開いて率直に話ができた」、トランプ氏については「信頼できる指導者だと確信した」とした。
この時期、主要閣僚は決まっていない。政策が全く不透明の中のトランプとの会談には個人的な関係構築をしたいというのは一つの判断であろう。

私は、12月6日「蝙蝠男、第一幕、大統領選挙戦中ヒラリー詣で、トランプ世界の指導者に嫌われてる発信、第2幕大統領選トランプ勝利即座に、ヒラリー詣での反発恐れ、第3幕ペルーAPEC首脳会議でオバマに相手にされず。俺無視したな。第4幕あわてて真珠湾でオバマと。第5幕トランプ怒る。O、大統領選中T攻撃」とツイートしたが、まさに安倍首相はお互いに反目しあう人の間を行ったり来たりしている。

真珠湾訪問はどうしても行わなければならないものでない。自分の政敵とみなされる人物と特別の式典を準備する。トランプがこういう人物を信頼にある人物として関係を構築するか。日本人はこういう人物を「蝙蝠」と称して蔑視する気風を持っていた。いまや日本のマスコミは権力者安倍首相の提灯記事に終始し、マスコミの使命である権力者批判をすることは全く止めてしまった。>

序に丸写しもう一つ。高校の後輩民進党衆議院議員篠原孝氏ブログから。

<国際問題にならないのが不思議な萩生田失言>
我々のTPP強行採決への抗議を「田舎プロレス」と称した萩生田官房副長官は、安 倍総理をして「お坊っちゃまにしては不良との付き合い方が上手い」と、ゴマをすっ ている。一国の大統領にならんとする者を不良呼ばわりしているのである。私は、国際的に糾弾されても仕方のない失言だと思っている。外交上の礼儀をわきまえていないのだ。アメリカ・中国・ロシアの間で右往左往し、ひたすら「金だけ、今だけ、自国だけ」で立ち回る日本の国際的信用はガタ落ちである。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ