ドローン墜落事件

体調が相変わらず絶不調だ。腰は痛いし咳も止まらない。じっとしていてもなにも良くならないだろうと、久し振りにプールに行ったが、全く泳がずに水中歩行だけに留めた。月曜日は日大病院なので、火曜日にでも整形外科に又行かねばならないだろう。病院通いしかすることの無いのが年寄りの相場らしいが、情けないことに全くその通りになってしまった。ブログも土日はやめるつもりでいたが、こんな面白いことに遭遇したのでは書かない訳にいかない。

読者の半数以上は多分面倒くさくて読んでおられないと思うので、下記ブログを紹介して、是非読んで頂きたい。
http://guerilla47.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
ドローン事件の犯人のものである。4月1日から昨日の24日まで、今回の事件の経緯が丁寧に書かれている。どんな報道より詳細で分かり易い。報道では、昨夜らしいが福井県小浜署に出頭してきて、小浜署で対応が分からず右往左往、結果署にお泊り願ったのだろう。急遽警視庁に応援を要請して、今朝になって警視庁がやって来て逮捕状を執行したらしい。

山本泰雄(氏としたいが遠慮しておこう)40歳と発表された。例によってマスコミ報道は勿論、ネット上でも避難ごうごう、馬鹿だのキチガイだのこんな親の子は可哀そうだの、幼稚だのと賑やかである。ブログにプロフィールが無いので推測するしかないが、昨年7月に「転勤命令が出たので辞職しかないか」と書いてある。非正規雇用ではあったようだが、給料にも不満の無いテレビの部品メーカー勤務であったようだ。

ただ、原発再稼働には大分反対していたようで、いわゆる活動家の一人だったかもしれない。退職直後と思われる昨年の7月、川内原発再稼働反対運動の応援に行ったのかどうか、原発敷地内にドローンを飛ばして撮影している。この時は飛行距離が足りずに建屋までは届かなかったようだ。我が国の優秀な警察組織だから、今後は早急に対策を講ずるだろうが、ブログを見てさぞ肝を冷やした事だろう。何でもドローンなる玩具と言うべきか機械と言うべきか分からないが、年寄りにはスマホと同様全く無縁の存在ではある。

しかし国の産業政策面から見ると、成長産業として育成すべきものであったらしい。世の中がますます複雑で分かりにくくなっていくことだけははっきりしている。今や犯人となって牢屋に入ることになるこの小父さんの考えていたことに、何となく共感を覚えた。元広告屋として言えば、ここ数年続いた官邸を取り巻くデモ以上の効果があったことだけは確かだ。

コメント

このブログの人気の投稿

同じ文書からこの大きな違い

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著