やる気スイッチ

梅雨本番とのことで、気が滅入るようなじめじめした嫌な天気である。せめて家庭では明るくありたいものだとて、昨日は面白い話題があった。相変わらず孫のことである。下の娘の高校生の孫2人、同じ学校に通っているのでは母親は楽だろうとの話から発展したお笑いの一席。折しも今は期末テストの最中だそうだ。娘に近況を聞くと、『それが笑っちゃうのよ。弟が「やる気スイッチが入らない。」ですって。』とのこと。

普段からやる気を全く見せない兄貴の方であれば「やっぱり」と思うが、兄弟の相対感では比較的真面目に見える弟が、精一杯大人っぽくしたり顔で言った姿を想像すると確かに笑えてくる。暫く会っていないので最近の様子は知らないが、高校1年生と言っても中学生にしか見られないチビで童顔である。娘も「馬鹿言ってるんじゃないよ。」と一応答えはしたものの、笑いが止まらなかったらしい。人相風体は兎も角、高校生になれば親がどう思うと、やはり大人の気分なんだろう。我が青春を振り返ってもそう思う。

その「やる気スイッチ」について、やはりテレビで見たことの受け売りをすると、朝起きて、先ず体を動かすことが重要らしい。早起きラジオ体操には、脳にやる気を起こさせるシグナル送る効果があるらしい。孫たちの朝はどんなか知らぬが、少なくとも小生は床を離れる前に、布団の上や畳の上でストレッチを20分はすることにしている。それでもこの天気ではなかなかスイッチが入らない。先ずマスコミ報道に余り関心が無くなっているのがその証拠。

ブログのネタが不足しがちで困りものである。

コメント

トパーズ さんのコメント…
私も「ためしてガッテン」のやる気スイッチの放送を
みました。一番簡単なのはガッツポーズなどの
力強いポーズを自分流に決めて実行することですね。
効果があるかどうかは、後のお楽しみです。
senkawa爺 さんの投稿…
トパーズさん
重ねてコメントをありがとうございます。
ニューヨークでも「ためしてガッテン」が放送されているのですか。びっくりしました。
どうも、一家そろって怠け者で困ります。
>力強いポーズを自分流に決めて実行することですね。
参考にさせていただく必要がありそうです。笑

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ