良い季節になった

昨日の昼間はも良い天気だったが、夕方激しい夕立があった。夕立は真夏の風物と思っていたがそうでもないらしい。ここ1週間ほど何かと飲む機会が多く、プールに行くのも2週間ぶりだったので、通常のメニューをこなしただけだが疲労感が大きい。昼食の後でパソコンを立ち上げても頭がボーとした状態だったので、少し部屋を暗くして一寸横になっただけで2時間半ほど寝てしまった。起きると、今度は喉が痛い。折角暖かくて凌ぎやすい良い季節になったのに、風邪でも引いたのでは洒落にもならない。

季節が良くなっているせいか、婆さんも外出の機会が増えている。昨夜はこちらも同窓会の飲み会が入っていたので好都合だったが、彼女は2日連ちゃんで、今日も昼から友人宅でミニ同窓会と言っていた。夕食は少し遅くなるかもしれぬし、メニューが同窓会の残り物の「おいなりさん」と決められている。先週末に長野で行われた同期会にしても、昨夜東京で行われた高校の同窓会でも、同期以上の出席者は減る一方だ。我々老夫婦とすれば、それぞれの同窓会に出席する元気が残っているだけで善しとしなければならぬだろう。

何かと騒がしそうな世間について何か書こうと思ったが、頭が回らないので今日はこれで止めにする。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ