大晦日

今年も余すところ数時間、いつもの年だとお伊勢参りを終わり、名古屋から東京行の電車に乗り込む時間、でも今日は夕方6時にバスが発車する。どんな旅になるやら、天気は大荒れらしい。道中さえ無事ならば、境内の混雑が若干緩和されるのではと期待したりしている。兎に角寒そうなので山行きの下着を着用した。

振り返れば、今年は長年懸案であった仕事の引き継ぎも出来たし、健康もなんとか維持をしている。子や孫達も皆平穏に暮らしている事を感謝しなければいけない。来年も過剰な期待はせず、皆が平穏で過ごせるよう祈ってくるつもりだ。

コメント

このブログの人気の投稿

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

同じ文書からこの大きな違い