残念 小沢一郎

民主党の代表選が終わった。大方の予想通りの結果で、菅氏の続投が決まった。民主的な選挙結果だから文句を言っても始まらない。小生は民主党議員2人に数年来個人的献金をしている。今回の選挙で投票用紙が1通しか来なかったのはどういう意味か分からない。ひょっとしたら1人は地元選挙区外の議員だからかもしれない。その1票は、いろんな思いがあったが小沢一郎と書いて投票した。

どんな思いかと言えば、彼だったら現在の官僚支配を少しは打破できるだろうと期待したからである。従ってこれからも官僚支配が続きそうなので少しがっかりしている。折角選挙がこれだけ盛り上がったのだから、菅氏も少しは小沢氏の意見を取り込んでほしいものだ。でも選挙中から全員野球を力説しているので、相変わらずリーダーシップ欠如の政治になるのだろう。

心配するのは極端な話、野党の言い分にも耳を傾け、官僚に丸め込まれ、民主党の基本ポリシーが滅茶苦茶になってしまう事だ。選挙期間中小沢氏はこの国の形を、官僚主導の中央集権から国民主体の地方主権を主張していた。菅氏が言うように、そんな大それたことが1人の政治家のリーダーシップで出来る筈も無い、事も一面の真理に違いない。

しかし、その志を掲げて初めて政治家ではないか。三人寄れば文殊の知恵もあるが、大勢の意見を聞いていたら極めてつまらない結論しか出てこない。特に戦のような場合はその傾向が顕著だろうし、相手方に見透かされてなめられてしまう。菅氏の外交戦略なんか聞いた事もないし経済戦略も心配だ。諸外国の海千山千を相手に馬鹿にされず堂々と渡り合うために、これからでも良いから自身の信念を身につけてほしい。

どう見ても小沢氏は大衆受けするタイプではない。特に生まれながらの金持ちでもないのに集金能力にたけ、豊富な資金力を背景に独自の政治力を養ってきた事については、いわゆる市民感覚すると許し難いものがあるのだろう。一方菅さん、見てくれも良いしクリーンであるのも事実だろう。数を頼まないような事を言っていたが、民主主義の基本は数だよ。これは誰にでも良い顔をする事とは違う筈。

「何事も基本が大事」の意味が分かるかなぁ。頼むよ菅さん!!

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ