温故知新

バタバタとしながらもう半年が過ぎてしまった。今年は暇が出来て大分楽になるかと思っているが、今のところそう旨い具合に運んでいない。4月以降図書館通いの毎日を期待したのだが、3ヶ月で5日ぐらいで読書量もずいぶん減っている。一昨日ある会社の社長に新社長を紹介して、私はリタイアします、と挨拶をした時「まあ、なんて羨ましい!」と言われた。確かに違いない筈だし自分もそう期待はしたが、掌を返すように旨く行くものではない。最近は内閣の交代も同じだろうと思っている。

今日は起きる直前、右膝からつま先まで激しいこむら返りに襲われた。今までのこむら返りは大体ふくらはぎだけで、つま先の親指から揉みほぐしていけば大体すぐ直っていたものだ。しかし今朝のそれはつま先まで硬直して痛く、揉みほぐす事も出来ない。午前中整体に飛び込みマッサージを受けながら質問するが、整体士も原因について明確な返事が出来ない。リタイアしても疲労の蓄積は続いていると勝手に解釈することにした。

昨日食事をした友人10歳ほど若いが、は毎日6km程ジョギングか歩く事にしているそうだ。小生も歩く事については心がけており、毎日延べで3~4kmは歩いている筈だ。それで疲労が溜まるとは情けない。これからのコンディションの整え方についても考える必要がありそうだ。整体の後、日本橋の方まで仕事に行き、帰ってからまた新社長と二人で新規案件のプレゼンについて業務引き継ぎを兼ねた打ち合せ。

嘗て行ったプレゼンや見積りを引っ繰り返しながらの事である。設立以来7年しか経っていない会社ではあるが、時代の変化に伴う競合環境の変化については改めて感じるところが大きい。故事来歴との整合性を取りながら新規ニーズにこたえていく必要があるが、過去の事には責任の無い新社長には厳しい面と、成程と思う事の両面があるに違いない。

どっちにせよ温故知新で局面を打開していくのを祈るような気持ちだ。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ