なんで岡本行夫なのか

今月発売の文藝春秋に岡本行夫が「ねじれた方程式 普天間返還を全て解く」を書いている。彼は前政権で重用された人間なので、アメリカ人が書いているような内容になっている事自体特に不思議には思わない。不審に思うのは、彼が現政権の首相官邸に出入りして総理のアドバイサーを務めているように報道されている事である。民主党が如何に外交に弱いと言っても、前政権の走りっぱを使う理由は全くない筈だ。まさか本気で彼の意見を聞いたり使ったりしている訳ではないだろう。

如何に日本がアメリカの属国化傾向を強めているとはいえ、前政権時代の野党が政権党になった途端に即アメリカのポチにになってしまったとは思いたくない。普天間問題にコミットしている閣僚は外務、防衛、国交を中心に官房長官が取りまとめていると伝えられている。これに総理を含めて全員がCIAに脅されて変節しているなんて事もあってはいけないと思うが、ひょっとしたらオバマ大統領自身がネオコンの圧力に屈しているなんて事があるのかな?不吉な事を考えはじけるときりが無い。

もう1点大きな心配が要に位置する平野官房長官だ。野党時代には全く知らなかったが、一説には相当な小者だと言う悪口もある。小生には馬鹿なのか利口なのか、無能力者なのか桁外れの実力を内に秘めているのか全く理解できない。要職を占めるに至った人材だから馬鹿の振りをしている人と信じたい。総理の発言が軽いと言う説もあるが、立場上幹事長のように振る舞う訳にも行かないだろう。総理になると思ったように情報が入ってこないと言う説もある。

役人に翻弄された前政権とは違うのだから、せめて情報ルートだけは前政権と異なるルートを確立してほしい。インターネットには地元沖縄の情報が溢れている。中でも橋本政権がアメリカから普天間基地の返還の合意を取り付けた当時の沖縄県知事大田昌秀氏のインタビューhttp://www.videonews.com/on-demand/461470/001385.phpが先月公開されたが、聞くと目から鱗の事が山ほどある。内閣が大田元知事の話を聞いていないなんて事は無いと思うが、なんで今更岡本行夫何だろう。不思議でならない。

コメント

砂かけ さんのコメント…
大田元知事と岡本の違いは云うまでもない。人間の質だ。

このブログの人気の投稿

同じ文書からこの大きな違い

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著