昼酒が過ぎて

今日は昼から西麻布の友人が経営する高級料理屋で高校同期生10人ほどの集まりがあり、3年ぶりに参加。少し飲み過ぎの感があるのでまともなことを書けそうにない。シャンペンに始まりワイン、日本酒、仕上げにまた貴腐ワインとすっかりいい気分で帰宅。皆元気そうではあったが、今年80歳は間違いがない。話し出せば切りがないが、それぞれ来し方には満足しているようで目出度い限りだ。

縁起でもないが、この集まりが後何回出来るか、何回参加できるかが気になるところだが、先のことを心配しても始まらない。実に楽しかったことだけは確かだ。

コメント

村松 光 さんのコメント…
お昼からお酒が飲めるなんていいですねえ。それも高級なお店で、さまざまなお酒とは
うらやましい。こちらも小さな新聞の編集委員会の打ち上げで、軽く一杯やりました。
中央通りの蕎麦屋で、日本酒、肴は天ぷらでした。同行者はみなざるそばでしたが、
私だけ暖かいきのこ蕎麦でした。おいしかったですよ。それに久しぶりに世の中の
動きについて、一丁前に議論したのも楽しかったです。お酒はみんなを雄弁にします。
senkawa爺 さんの投稿…
村松光さん
いつもありがとうございます。
酒はコミュニケーションの円滑油だと思います。
今月は飲む機会が何故か結構多いようです。

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ