暖冬

3ヶ月以上燃え続けるオーストラリアの森林火災の長期化と既に200万へクタールを超えるとされる広がりは想像を絶する。被害金額も報道されてはいるが、現時点で鵜呑みには出来ぬだろう。如何に広いと言っても、既に日本に例えれば四国全体がまるまる焼失とのこと。これだけ大規模な火事が諸々の生態系に与える影響には計り知れないものがあるに違いない。

長い年月をかければ植物の再生はあるかもしれぬが、動物はどうなんだろうか?被災者の数ははっきりしないが、職業的にはどんなものか?考え出すと切りがない。火災発生当時休暇でハワイ旅行中だった首相は休暇を切り上げて帰国し、復旧の万全を唱えたが、為政者の台詞はどこでも似たようなものだ。少なくとも現存する人々が焼けた土地の復旧を観ることは出来ないだろう。

一方地図上ではすぐ近くに見えるインドネシアでは長雨で、昨年秋の日本と似たような甚大な被害が出ているようだ。猛暑被害の対象ではシベリアの暖冬も異常らしい。日本も地震に火山爆発、津波に高潮、台風被害と自然災害に事欠かぬ。自然現象は予測不可能なので大事なのは予防対策。と言っても庶民の一人として唯一の頼りが天気予報。昨夜までは、今日の東京は春一番が吹くような暖かさと報じられたが、強風は吹かず気温もさして上がらなかった。

太陽が顔を出したのは午後3時過ぎ、暖冬と言っても未だ寒さが続いている。やはり寒中だ。

コメント

村松 光 さんのコメント…
オーストラリアの森林火災のことは、テレビで何度もみました。
コアラが命を落としていると報道していました。
他の国でも災害があるとのこと、温暖化の影響なのでしょうね。
長野も今のところ雪の量は少ないです。暖冬のほうがありがたいのですが
喜んでばかりはいられないのでしょうね。
senkawa爺 さんの投稿…
村松光さん
今年もよろしくお願いします。
今朝はロシアの一部で異常な暖冬の様子が報道されていました。
どこか変で気持ち悪いですね。

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ