昨夜のNスペ「226事件の全貌」

10号台風はとっくに日本海に抜けているのに都内は終日強風が吹き荒れて止む気配がない。よほど大きな台風だったに違いない。今年のお盆休みは予定が狂った人も多いことだろう。

昨晩たまたま観たNHKスペシャル、タイトルは失念してしまったが、事件から83年も経って発見されたという旧海軍の資料、昭和11年2月26日早朝に発生し、29日に鎮圧された「226事件の全貌」である。厚さ7,8センチはあろうかと思う分厚いバインダー7冊分。そのうちの6冊は、事件発生を26日早朝警視庁からの電話で海軍軍令部が受けた時からから事件収束まで、海軍が収集した情報を分刻みで記録されている。詳細に渡る記録は昔も今も同じだろう。極秘とされてるが押された認印は相当な数。

残るやや薄い1冊には、この事件に関連して事前に収集していた情報が整理記述されている。この文書を隠し持っていた人物は特定(旧海軍高級将校:大戦の降伏署名式に重光大使に付き添ってミズリー号に赴いている)されていたが、発見の経緯は明らかにされていなかった。発見された日時も明らかにされていないが、膨大な資料を読み込んで75分のスペシャル番組を作るくらいだから少なくとも1年や2年は必要なはず。

事件についてはそのうちに新たな解釈が出てくるだろうが、一つはっきり言えるのは、これまで事件の核心部分は明らかにされてこなかった。即席の軍事法廷で責任者をでっち上げて処刑を急ぎ、上層部で関与した大勢が野放しにされたことを政治も許した。個人的感想は巨大暴力組織の中で教育された人間の怖さである。この事実が戦前はもちろんのこと、戦後74年目にしてやっとこの事実が明らかにされる有様。今日現在、NHKオンディマンドにアップされていないが、いずれ上げない訳にはいかぬだろう。

今や旧自衛隊員の政治家が大分多くなってきたし、マスコミにも旧自衛隊員が堂々と出演して偉そうに政治に関することを喋っている。。軍人は政治に口出しするべからずとされていた80数年前だから発生したクーデターかもしれぬ。しかし今や軍人が大手を振って政治や言論の表舞台に躍り出て、国民を誘導し始めている。彼らは自分たちの秘密を一切漏らさない意味では戦前と全く変わらない。このことをとくと考える切っ掛けとなれば昨夜の番組は意味がある。

コメント

呑兵衛あな さんの投稿…
私もたまたま見ました。
然もありなんと言う感想です。
また、あの極秘文書を発見するに至った経緯に非常に関心があります。
更には、文書として記録するに至った経緯も同様です。
尤も興味深いのは、なぜこの時期にNHKがドラマまで作って報道したのかという謎です。
平成天皇が生前退位の意向を示した時に似た闇を感じてしまうのですが
呑兵衛あな さんの投稿…
御承知と思いますが、続編的な内容を19時のニュースで流しましたね。
>昭和天皇「拝謁記」入手 語れなかった戦争への悔恨(2019年8月16日 19時00分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190816/k10012038471000.html
近いうちに、更に続編的な事と、スペシャルで報じるとのことです。昨日の
>二・二六事件 海軍極秘文書 昭和天皇 事件拡大 懸念する発言(2019年8月16日 6時13分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190816/k10012037291000.html?fbclid=IwAR3JfXv_SbnnTZA80dKHMMg88X6sNJkR-nk8NIpiJP9p3369AYprWP5sfLM
と言い、何をどのように印象操作しようとしているのだろうか(?)と、勘ぐっています
senkawa爺 さんの投稿…
呑兵衛あな さん
てねいなコメントをありがとうございます。
仰る通りで謎が深くなるばかりです。

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ