やっと梅雨明け

一昨日気象庁が発表した梅雨明け宣言で、昨日急遽ハイキングに出かけることにした。当初棒の嶺にでも行こうかと思ったが、調べると昨年行ったばかり。芸が無いので同じくらい近間の日の出山を選んだ。こちらは一昨年の6月以来で2回目だから、何か目新しいこともあるだろうとの思いだ。一昨年は武蔵五日市発9:15のバスに乗り、正午に山頂に到着している。真夏になっている訳だし照り返しの強い道を大分歩いた記憶があったので、時間を早めたいと思って8時過ぎには武蔵五日市に着いた。

ところがバスはやはり9:15まで無いようだ。行く先をすぐバスが来そうな三頭山に切り替えようかとも思ったが、こちらは込み合っているのでやめ、タクシーを奮発した。登山口まで2980円、運転手さんも親切で日の出山登山道のうちタクシーが一番奥まで入るところに案内してくれた。このルートは照り返しの林道を歩く必要が全く無くて、いきなり山歩きらしい登山道、しかも整備が行き届いている。

道のコンディションは良くても、夏の山歩きはきつい。熱射病にならぬよう無理をしないように気を付け乍ら歩くが楽ではない。それでも一昨年に比べれば大分早く山頂に到着。山頂でこんなにゆっくりするは初めてと思うほどゆっくり休憩して御嶽山を経由してケーブルで下山することにした。御嶽山は距離的には近く、宿のあるところまでは約40分、しかしそこからこんな階段が長かったかと思うほど長い階段が続く。

神社下で思わず茶屋に飛び込みかき氷で喉を潤す。かき氷なんて何十年振りで実に美味かった。神社に参拝した後、お札の販売所で巫女さんに「レンゲショウマ」について質問、未だ時期的に早いが一番奥の社殿の脇に数輪咲いているとのこと。成程咲いてはいたがこの花も群生しないと見応えが無いようだ。大した山歩きではなかったが、それでも諦めていた7月に歩けたことは幸いだったと言える。

そんなに疲れた訳でもないが、最後に新しい発見が帰りの電車、御嶽は始発駅で無いが、昨日は座ることが出来た。青梅で乗り換え、これも始発だから問題無し、立川から立ちんぼかと思ったので拝島から西武線に乗ってみた。始発だから座席の心配は無いし、高田馬場迄意外に早い。これから奥多摩の帰りはこれにしようと思う。

山歩き情報は下記でお願いします。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1948270.html

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ