来年の予定

毎年この季節になるとテレビなんかもイレギュラー番組となり、観たい番組も放送されなかったりするので実に不便だ。代わりに登場するのが来るべき年の予測観測、そこそこの言論人や実業家が八卦見宜しく来年を占うが、当たろうが当たるまいが、視聴者にすれば「だからどうした?」で面白い筈もあるまい。切実なのは焦眉、当面の問題、雪国であれば今降り続いている雪の始末をどうしようか、或いは正月明け早々からの受験準備が間に合うかどうかである。

我が家にとって大変なのはゴミ出しの問題だ。今日で燃えるごみの収集が終わり、来年1月5日まで生ごみが出せない。女房が存命の昨年までも、正月は女房が宿下がりで独居していたが、女房不在でも台所に立つ習慣が無く、都内のホテル泊したりして食事の不自由は感じたことがなかった。ところが現在は毎朝生ごみの生産に励んでいるので、これからの1週間は昔に戻って3食完全外食にしたいが、最近は正月に休む飲食店も増えているので、その計画も立て直す必要もある。

先ほど今日と明日と元日の作戦は一応たてたが、31日と2日から4日までは未定だ。特に31日は難儀で、これから作戦を練る必要がある。ともあれ正月のホリデーシーズンを乗り切れば、後は野となれ山となれで、何とかなるだろう。個人的来年最大のイベントはヒマラヤ山麓のトレッキング。1月12日から打ち合わせで長野に1泊旅行。2月27日から3月10日までが本番で埋まった。翌週13日から3日間は志賀高原でスキー。帰ってくればそろそろ桜の便りが聞こえてこようと言うものだ。

月が変わって4日はもう満79歳、その先に入ってる予定は医者通いばかりで、胸が高鳴るようなことは何一つありゃしない。

昨日間に合わなかった27日のヤマレコは下記をご参照願います。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1686726.html

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ