手作り朝食

日中の時間が大分短くなってきた。昼飯に出かける序に1万歩も容易でない。早々に帰宅したとて大した用事は無いのだが、何となくうす暗くなってうろつくのは好みでない。代わりに夜が長いせいか睡眠時間8時間近くになるのも考え物だ。これまでのところ取り敢えず健康かと思っているが、睡眠時間が長ければ良いと言うものでもあるまい。運動や栄養とのバランスが大切だろうが、バランスが良いかどうかも分からない。

食欲の秋の延長で、運動量が不足する割には内心食事の量が増えているようにも感じている。最近の朝飯は自分で作るので、作ったものは残さず食べてしまった方が後が楽なのでついつい食い過ぎるのかもしれぬ。それにしても自作の朝飯も1年近く経つと大分様変わりしている。基本的にはご飯とみそ汁と納豆であるが、みそ汁は殆どトン汁。納豆は長ネギ、刻みのり、卵が基本でここ一週間近く釜揚げシラスがこれに加わっていた。

15日頃だったと思うが東武百貨店で購入したのだが、冷蔵庫で3日は大丈夫だから後は冷凍してくださいと言われたが、確か200g位だったような気がするが冷凍はせずに連荘で食べつくしてしまった。千2百円したので結構高級な朝飯だったことになる。その他、最近は冷凍ご飯も買わずに米を1日おきに炊くようにしているが、これも結構早くなくなるものだ。シラスと一緒に味噌も初めて買った。ジャガイモや玉ねぎの皮むきも億劫がらずにしているのだから、我ながら良くしたものだ。

コメント

tak さんの投稿…
私も自分一人の食事を毎日作っていて、もう10年にもなろうかとおもう。
至極健康なので栄養バランスいいのだろう。

長野市は今vegitable-firstというのが標語。
野菜はぬか漬けのキウリ、大根、ニンジン、カブを主としている。
(最近ぬか漬けを始めた。ぬか漬けのぬかはいいのが売っている。)
senkawa爺 さんの投稿…
tak さん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
それにしても大先輩ですね。私の手料理は貴兄と比べれば幼稚園みたいものです。
毎日ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジン、ゴボウ、ネギ、トマトといったある程度日持ちするものばかりで、漬物は勿論ですが、葉物野菜はとても買えません。
今後は貴兄のように成長していきたいものと念じているところです。

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ