自戒すべき

昨日予告した通り、今日は筑波山に行ってきた。山頂でも標高は870m、標高差はわずか600mだからハイキングには絶好だろうと思い描いていたが、実際登ってみると、これが結構大変だった。しかも帰りに道を間違えてロープウェイ駅に出てしまい、結局はこれで下山する羽目に。2012年と2006年に登っているので3回目だが、これほど体力が劣化しているとは思わなかった。ヤマレコに2012年4月30日の記録があるのだが、これと比較すると嫌になるほどの差がある。

今後はこれを教訓に山歩き計画を立てるようにしたい。先日信州の根子岳登山で貰ったパンフレットに書いてあった山登り10訓が思い出される。
その5.「年齢を考え、ひかえめ登山ー過去の体力、過去のものー」全くその通りだ。遭その3.には次のような記述もある。遭難者には「登る前から遭難している」と言われても仕方がない方がいらっしゃいます。

そう言われないようにしなくてはならぬ。


コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ