最近の報道から

少し前まで自民党内ではぐれ者扱いをされていた河野太郎と言う人物について、面白い奴だと思っていた時代もあった。しかしどこでどうしたのか知らぬが、安倍総理に大臣に取り立てられると、人が変わったのか地金が出たのか別人のように感じてしまう。特に今回のトランプ大統領の核兵器開発見直し発言に関し彼がすかさず発表した次の発言「「わが国を含む同盟国に対する拡大抑止へのコミットメントを明確にした。このような方針を示した今回の核態勢見直し(NPR)を高く評価する。」

私は勿論とんでもない発言だと思うが、国民の多くはどのように受け止めるのだろうか?我が国が戦後長い間守ってきた平和外交路線を、戦後生まれの若い青年がいとも簡単にかなぐり捨て戦争に突き進んでいるようだ。個人的にはこの世に未練を感じなくなっているのでどうでもいいが、この世をもっと楽しみたいと思っている方々には現在日本のありようは少しおかしく映っていることだろう。

コメント

まさやん さんの投稿…
鳩(洋平)が鷹(太郎)を生んだようです。原発反対など評価していましたが、
大臣に就任するや否や豹変しましたね。
すっかり安倍政権に取り込まれてしまいました。幻滅です。

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ