2017年10月8日日曜日

権力の行使

今朝のTBS「サンデーモーニング」を観ていたら久しぶりに岸井成格(しげただ)氏が出演していた。スタジオ内で着席しながらソフト帽を被ったままだ。顔色はそうでもないが、少しやつれた感じがする。癌とは言いつつも、どこが侵されたか詳しくは言わなかったが、入院して放射線やら抗がん剤治療を受けていたとのこと。相当厳しい闘病生活だったのだろう。慶應では相撲部に所属していたとのことだから、若い時は元気だったろうに。少し年下なので、頑張ってもらいたい。

岸井氏は毎日新聞政治部の出身らしいが、テレビのコメントはバランス感覚に優れているように感じていた。但し、ネトウヨ連中からすると目の仇のようだ。一昨年の安保法制の時だったか、「ニュース23」に安倍首相が出演した際に何か厳しい質問をしたとかで、番組降板と取りざたされた記憶がある。但し、番組を視聴していないので実際に降板したかどうかは知らない。サンデーモーニングから消えたのもその影響か、なんて心配もしていたが、復帰は目出度い限りだ。早速今日も面目躍如と言うべきか、現在の政治或いは政治家だったかの劣化に関連して次のような話を披露した。婆さんが言うには「岸井さんは彼岸に渡る覚悟しているように感じた。」そうだ。

「5年半前の第2次安倍内閣スタート時、さしで会う機会があったので、失礼かとは思いつつ、私は思い切って二つのことを申し上げた。一つは、右翼的な言動を慎むこと。二つ目は昔宮澤喜一総理から教わったことでもあるが、権力は出来るだけ抑制的に行使するよう心掛けること。そしたら安倍さんは即座に『それは違います。私は権力を存分に行使して目的を遂行します。』と答えたことを今思い出します。」

これを聞くと成程ねとすべてに納得がいく。安倍さんは権力の私物化とか非難されているが、最初から確信犯なのだ。今回の選挙もその権力を手放さないための手段に過ぎない。「文句があるなら、俺の手から権力を奪ってみろ。」てなものだろう。政策を誠実だの愚直に訴えるが聞いて呆れる。結果が丁とでるか半とでるかは分からぬが、今度の選挙は少しでも投票率が上がることを期待したい。

2 件のコメント:

まさやん さんのコメント...

確信犯ですか。納得しました。退場を熱望します。

さんのコメント...

まさやんさん
いつもコメントありがとうございます。
「退場を希望」は全く同感です。