初詣

丁度12時間前に東京駅発の新幹線<のぞみ>に乗車して名古屋経由で伊勢神宮の下宮・内宮を参拝、先ほど帰宅して年賀状を一通り読み終わったところである。昨年の1泊旅行と比較すると少し強行軍であったが、山歩きをやめても平地の歩行を最大の健康法としているのだから善しとすべきだろう。でも最終的には些か疲れて、池袋からバスに乗ってしまった。自宅の停留場で降りるとき、乗り合わせたベビーカーを引っ張った女性に手を貸したら、どこかのおじさんが暗闇の中から「あけましておめでとうございます。親切ですね。」と声をかけてくれた。ご近所の人だろうが、こちらは知らない人だ。赤ちゃんも笑顔で手を振ってくれたし、これだけでも良い正月だった。

今朝は久しぶりに5時半起をして出かけたわけだが、早朝から全国的に素晴らしい天気だったようだ。早朝洗顔の時鏡を見ながらふと思ったことがある。今年は他人と会話をする際、他人の意見を出来るだけ素直に聴くようにしよう。そして自分の考えを押し付けることを慎みたい。元来エゴの塊で現役時代には営業職であったこともあり、自分の意見を強調しがちな傾向が強かったと思う。義理立てする会社も組織も無くなった現在、己を主張してばかりいても始まらない。

出来るかどうか分からないが、何となくそう思った。自分の意見はブログだけにすればいいのだ。と思った次第。

コメント

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ