趣味とボケ防止

1ヵ月の生活費が年金の20万円ポッキリの生活になったせいもあるが、今年になって特に、無駄遣いを排除する努力をしている。その一つがメルマガの購読で、最近は大分整理が出来てきた。メルマガなんぞは月額千円なんてものは先ず無い。毎日発信しているものでも精々850円といったところである。月刊誌1冊とか文庫本1冊買ってもその位するのだから、と思って一時は随分購入していたが、改めて見直すと本当に価値があるかどうか疑問のあるものに気が付いた。

メルマガ購読の主な目的は、マスメディアの報道に関して、識者の意見を読むことで、報道内容への理解を深めることにある。テレビに出演する専門家のご意見だけでは物足りないが、メルマガを発行するくらいの人の意見は、往々にしてニュースの行間に隠されている意味を読み解いてくれたりして、成程と思うことが多い。しかしメルマガも長期に亘って読んでいると、発信者の性格・信条等が明確になってくる。それで益々惹きつけられることもあるが、人によっては「この人最近趣旨を変えたな?!」と思うこともある。人間だから趣旨の変更は構わないし、同じことばかり読まされるよりは良いかもしれぬ。

中には民主党政権時代に小沢一郎氏ファンをもって任じ、氏を徹底的に持ち上げていたのに、自公政権に替わった途端、小沢氏のことは完全に忘れたかのようで、安倍総理を持ち上げはじめた発信者がいる。世の中にはいろんなタイプの人間がいるから、非難するにも当たらぬだろうし、実験観察のつもりで1年半我慢して購読し続けてみた。しかし、余りに過激な右寄り発言に嫌気がさし始めて、最近購読を中止した。

他人事を書いてきたが、自分のブログも似たようなことだろう。一人の人間が数十年の歴史の中で経験できることは極僅かに限られている。まして知識欠乏症の己の作文だから、経験談でない限り、読んでもそんなに面白くない筈だ。まして心情的なことになれば三つ子の魂の喩え通り、いつまで経っても変化が無くて、自公政権の悪口ばかり読まされて些かうんざりしている方が多いのではないだろうか。

何を隠そう書いてる本人は、大勢の人に読んで頂きたくて書いている訳で、毎日アクセスをカウントして一喜一憂しているのが実情。何が悲しくてこんなことを始めてしまったのか、考えてみると不思議で面白い。だから別に経済的なダメージがある訳ではないが、読者が減るのは辛いことでもある。たまたま昨日は珍しく書くのを休んでしまった。週末のアクセスは只でも下がるのに、当日分の作文が無ければアクセスが急落するのでがっかりして、こんなことを書き連ねている次第。

昨年の今頃は南アルプスの3千メートル級の高山を縦走していたのに、今年はさっぱり元気が出ない。このままではいけないとは思っているので、せめてのボケ防止になることだろうと期待しながら書いている。

コメント

tak さんのコメント…
右翼の安倍が嫌いで読んでいるので、頑張って書いてください。
トパーズ さんのコメント…
ボケ防止のため、皆さん色々試しておられるようですね。
中でもブログ作成のため、考えながら書く作業は、
脳も手も動かすので、とても効果があると思います。
そして、大事な事は継続させる事ですね。
senkawa爺 さんの投稿…
takさん
いつもありがとうございます。
頼みの綱の米国では大統領に嫌われ、中国からは相手にされず、ロシアの大統領との関係もおかしくなってきました。
自民党の内部でさえ大分おかしな動きが出ています。
一体彼は何時まで総理の座に座っていられるつもりなんでしょうか?
裸の王様を絵に描いたように見えます。

トパーズさん
コメントありがとうございます。
継続が大事は分かっているのですが、何をしても長続きしないので困ったものです。笑

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ