昨日 新宿南口での騒動

一般紙やテレビではあまり大きなニュースになっていないようだが、昨日新宿の南口で起こった焼身自殺未遂事件は衝撃的な事件だと思う。ネットによると、日本人でないとか、頭がおかしい左翼とか悪口めいた書き込みも多いが、この人が集団的自衛権憲法解釈変更反対の演説の後、身体に油を被ってライターで火をつける寸前に叫んだ最後の言葉が善い。何でも与謝野晶子の「君死に給うことなかれ」を朗々と叫んで1番の終わる直前「人を殺せとをしへしや」で声が消えたらしい。

在日韓国人だったとしても、思いは見上げたものだと思う。歩道橋の橋げたに登って演説し始めたのが午後2時くらいで、警官や消防も駆けつけ騒然とした環境だったらしい。実際に見た訳ではないいので間違っているかもしれないが、小1時間の演説だったらしい。消防も待機していたので火はすぐ消されてしまったらしい。故に、自殺する意思が本当にあったのかなんて書き込みも多いが、やらせではできない芸当だろう。何れにしても、マスメディアはタイとかチベットの坊さんが焼身自殺なんてことはよく取り上げるが、こんなことはもっと深い取材をして取り上げるべきだろう。未だに氏名も素性もはっきり見えてこない。

この事件のお陰で、改めて与謝野晶子の詩を読んでみた。

君死にたまふことなかれ  
  與 謝 野 晶 子 (旅順港包圍軍の中に在る弟を歎きて)
         
あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

堺(さかひ)の街のあきびとの
舊家(きうか)をほこるあるじにて
親の名を繼ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戰ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
獸(けもの)の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこゝろの深ければ
もとよりいかで思(おぼ)されむ。

あゝをとうとよ、戰ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守(も)り、
安(やす)しと聞ける大御代も
母のしら髮はまさりぬる。

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻(にひづま)を、
君わするるや、思へるや、
十月(とつき)も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
あゝまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ。

日露戦争の日本海大海戦で日本が勝利する前年の明治37年に発表された。
反戦家として一貫性が無かったとも伝えられているが、味わい深いものがある。
子供のいない総理には理解できないことだろう。

コメント

tak さんのコメント…
すべて同感です。君死に給うことなかれ。なんという格調でしょう。
逆に明治だから言えたセリフでしょう。
安倍氏の大嫌い歌でしょう。
senkawa爺 さんの投稿…
takさん
コメントをありがとうございます。
現代社会にも反戦歌的フォークソングなどがあるようですが、全く知りません。
日本語の劣化と言えるかもしれませんね。
仰る通り私にもこの詩には格調が感じられます。
安倍氏の日本語については、自分で喋っていることが分かっているのだろうか、と疑問を感じることがしばしばです。
まさやん さんの投稿…
いつも共感し溜飲を下げながら読んでいます。多くの人々に貴ブログ読んで貰いたいと勝手に僕のブログにリンクを貼らせていただきました。品の悪いブログで申し訳ありませんがお許しください。
新宿の記事は地方新聞にも短く遠慮がちに載っていました。マスコミの堕落ぶりには全く腹が立ちます。
kiona さんの投稿…
詳しくは知らないのですが、こういう事件を連想しました。以下引用。

1969年3月30日、パリで一人の女性が焼身自殺をした。彼女の名はフランシーヌ・ルコント、当時起きていたベトナム戦争とビアフラ戦争の抗議のためであった。
http://www.k5.dion.ne.jp/~noho-hon/Travel/Africa01/Data/Francine/francine.html

そしてこの事件に影響を受けた当時CM作家の郷伍郎が作ったのが『フランシーヌの場合』である。この曲は新谷のり子によって歌われ、80万枚を超える大ヒットとなった。
https://www.youtube.com/watch?v=Dex2tC0i-XM


新宿関連記事(ページ中央に動画)http://www.akb48matomemory.com/archives/1005170041.html

これ以上の詳細はわからないのですが、この抗議行動が次のエントリーでの「地方議会で反対、慎重な対応を求める意見書・・」につながっているとしたら、意義があった(というのも不謹慎かと思いますが)のではないかと。

このブログの人気の投稿

慶応義塾入学式 期待が膨らむ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

何もかも関係ない話だ