すまじきものは宮仕え

国会も終版、八方破れで絶体絶命に見えても、政府は余裕綽々の態度で好き勝手な法案を押し通す構えだ。確かに野党がどんなに騒いでもルール上は議席の数がもの言う世界。政権の思うように事が運ぶ可能性が高い。それにしても数さえ持っていれば、強者にはいかなる嘘も許されるとは情けない世の中だ。度々書いてきたことだが、国会関連の報道テレビ報道を観るたびに思うのは、ある時は心ならずも忘れたと言い、またある時は政権の思いに沿った嘘までつかされる高級官僚の憐れさである。

野党の抵抗は少しも功を奏さず、政権の驕慢が止みそうにない世の中には些かうんざりもするが、満つれば欠けるもまた世の倣いで1強政権も大きくなりすぎたか。自民党内部で麻生財務相と菅官房長官の確執が激しくなっているとの報道もある。森友学園事件の発端になった鴻池事務所の陳情記録は勿論麻生はの重鎮鴻池氏が絡んでいる。加計学園事件で問題となっている文部科学省の内部文書。これも内閣は怪文書と切って捨てたが、世に加計学園と国家戦略特区の関りを明らかにしたことは間違いない。

内閣はこの怪文書を書いた犯人について、天下り問題で首になった役人の逆恨みとして特定できているようでもある。その犯人の名前もいずれは明らかになるだろう。ここにも麻生派の息が掛かっているならば、麻生vs菅両派の確執は余計面白くなるだろう。政治の世界にもバランスの自動復元力が働くことを願ってやまない。

コメント

このブログの人気の投稿

何もかも関係ない話だ

読後感「新天皇と日本人」小山泰生著

同じ文書からこの大きな違い